首イボの原因と対策!首イボをケアしてぶつぶつをなくそう!

シェアする

いつまでもキレイな女性であり続けたいと願う気持ちは万国共通です。しかし、素敵に年齢を重ねると忍び寄ってくる肌トラブル。女性の肌は敏感で30歳を過ぎると色々な種類の肌トラブルが発生しますよね。当サイトでは、意外と気づかない首元のぶつぶつポツポツやざらつきの原因となる首イボに関する情報を総合的に紹介しています。会社の同僚や取引先の方は見ていないようで意外と首元を見ています。特に男性だったら相手と話す時に首元を見て目線を合わせる方も多くいます。ママ友も見ていないようであなたの首元のポツポツに気づいているかも知れませんよ! 美しい首元やデコルテは、年齢が出やすい場所でもあるので若く美しく見られるために首イボケアは欠かせません! 首イボケアに関する知識を一緒に勉強していきましょう!

首イボは2種類ある

首イボは、老人性イボなどの良性で非感染性のできものイボ(アクロコルドンやスキンタッグなど)とウイルス感染によりできるウイルス性イボ(尋常性疣贅)の2種類が存在します。老人性イボは通常、紫外線や加齢により皮膚が黒くなってイボ状になる症状のことをいい、「脂漏性角化症」や「老人性角化症」と呼ばれています。どちらかというと長い時間をかけてできるイボで、歳を重ねれば重ねるほどできやすくなります。一方で、ウイルス性イボは医学的には「疣贅(ゆうぜい)」と呼ばれており、ヒトパピローマウイルスという100種類以上あるウイルスが傷ついた皮膚から侵入し感染することにより起こります。何度も再発するウイルス性のイボは自宅で完治することができず、病院や皮膚科クリニックで医師の診断を受けた上で液体窒素や炭酸ガスレーザー治療に臨む必要があります。なお、ウイルス性のイボは足の裏や手など角質が分厚い部分にできやすい特徴を持っています。首元、デコルテなどの皮膚が薄い部分にできるイボはウイルス性のイボではなく、老人性イボであるケースが95%以上占めます。

  • 首イボは自宅で目立たなくすることができる
  • 首イボをはさみで切ったり病院で痛い思いをしなくてもキレイな首元を手に入れられる

首イボは、日々の首元ケアや美肌ケアを心がけることで軽減させたり予防することもできます。続いて首イボができる原因をしっかり理解していきましょう。

首イボの原因

首イボができている女性
首イボができる原因はいくつもの可能性が存在するのでひとつに特定することが難しいです。大きく分けて首イボができる原因は下記の通り分けることができます。

  1. 遺伝で首元に良性のできものイボができやすい体質
  2. 首元の摩擦により首イボができる
  3. 年間を通して紫外線ケア不足で肌にダメージが蓄積して首イボができる
  4. 首イボケアが不足しているためターンオーバーが正常に行われない

上記の通りとなっています。順に詳しく理解していきましょう。

遺伝が原因で首イボができやすい

両親の遺伝が原因で首イボができやすい方がいます。30代以降の方にイボができやすくなる特徴がありますが、20代でもイボができる可能性は十分にあります。両親の首周りにぶつぶつポツポツの首イボが多い方は進行を早めないように、首周りを手でかいたりネックレスやハイネックなどの洋服で摩擦刺激を与えないようにする工夫や日々の首元ケアが重要となってきます。両親に首イボが多い方は、日頃から細心の注意を払って生活を送ることが重要です。首イボができないように工夫するケアが重要ですね!

摩擦刺激により首イボができる

毎日の何気ない動作からでも皮膚は摩擦刺激を受けています。多くの女性が御存知の通り、ワキの黒ずみやデリケートゾーンの黒ずみは摩擦刺激が蓄積して発生するのが大きな原因となっています。黒ずみ同様に首イボも衣服による肌のこすれや空気中のホコリから受ける肌のダメージが原因のひとつにつながります。肌ダメージを受けた部分が細胞内の脂肪を盛り上げることでポツポツぶつぶつしたイボとなり首イボの増加や増大につながります。

多くの女性は毎日欠かさず顔のケアを入念に行っていますが、首周りの保湿ケアなどが行き届いていなく怠りがちになり、外部からの刺激で首イボ発生を助長してしまいます。首周りの乾燥ケアも重要となってきます。

紫外線で首イボができる

多くの女性が知っている通り、過度な紫外線の浴び過ぎと紫外線対策の不備は肌に大きなダメージを与えて老化したイメージを醸成してしまう原因のひとつです。紫外線対策は夏だけでなく年間を通して行うのは、今や常識ですよね。紫外線により皮膚が破壊されて皮膚の細胞を弱めてしまいます。皮膚の細胞のDNAがダメージを受けるとイボの発生につながります。

加齢と共に蓄積された紫外線が原因でイボにつながります。このことから30代以降の女性にイボが発生しやすくなると言われています。

首イボ対策は大きく分けて2つ

非感染性のできものイボ(アクロコルドンやスキンタッグなど)である首イボ対策は大きく分けて自宅で予防対策する方法と皮膚科や専門クリニックで治療する方法があります。それぞれメリットデメリットがありますが、圧倒的に楽なのはぶつぶつポツポツの首イボが少し気になりだした時に自宅でできる、ヨクイニン配合の首元ケアジェルやクリームを使用して首イボの発生を遅らせる対策です。自宅でできる対策と病院で治療する方法を比較していきましょう。

自宅で首イボを予防対策する方法

上記で紹介した首イボの原因をまとめると、遺伝以外の原因は全て、首イボ予防成分のヨクイニンが入った首イボ専用クリームやオールインワンジェルを活用することで首イボの予防と対策ができます。今まで気になっていたぶつぶつポツポツの首イボや首のざらつきを改善するには当サイトで紹介しているクリアポロンや艶つや習慣、シルキースワンなどの首イボクリーム・ジェルを活用することで改善効果を期待できます。首のぶつぶつポツポツを目立たなくするにはWヨクイニン配合の首イボケア商品を活用しましょう!

⇒⇒首イボ対策オールインワンジェルのクリアポロンの驚きの首イボケアについてもっと詳しく理解する

病院で首イボを治療する方法

病院で治療する方法は大きく分けて3つの方法があります。液体窒素と物理的なハサミで首イボを取る方法は、保険適用となります。実際に筆者も過去に液体窒素で首イボを取ったことがありますが、-200℃ぐらいの液体窒素が出る機器を複数回、首イボに押し付けて治療する方法ですが、個人的に正直結構痛かったです。(痛いと熱いが入り混じった感じ)我慢強い方ですが、体が少しビクッとするぐらいの痛みでした。痛みに個人差があると思いますが、出来ることなら液体窒素は個人的にやりたくありません。

  1. ハサミで切り取る(スキンタッグの切除に向いていて出血することもあります)
  2. 液体窒素で超低温で首イボを冷却して治療する。(皮膚の表面に出ている首イボ部分を低温火傷させることにより、かさぶたにして落とす)
  3. 炭酸ガスレーザー(盛り上がった皮膚を瞬時に蒸発させることができます。色素沈着や赤みが1ヶ月経っても残る可能性が高いです。オフィス事務以外の仕事をしている方は紫外線にさらされるのでおすすめできません。)
炭酸ガスレーザーは、すぐにイボをなくすことができますが、色素沈着が残る可能性が高い上に保険適用外で自費治療となります。

首イボの治療費は、液体窒素治療が初診料含めて3,000円前後(筆者は実際に3,000円で施術できるクリニックでした。)炭酸ガスレーザーに関しては、首イボ1つにつき3,000円から5,000円の治療費となっています。なお、炭酸ガスレーザー治療は保険適用外となるので、首イボの数が増えれば増えるほど出費がかさむので注意が必要です。

まとめ

首イボが気になる部分に塗る
いかがだったでしょうか。首イボの原因と対策について紹介しました。首イボのケアをして誰に見せても大丈夫なキレイな首元を手に入れましょう。首元のぶつぶつやざらつきが気になっていたけど、今までケアの方法が分からず放っておいた方は、まず気軽に始めることができる首イボケアジェルを購入してみましょう! 今まで気になっていた首元のざらつきなどを改善して、いつ誰に見せても恥ずかしくない上記の女性のような美肌をゲットしましょう!