アクロコルドンの原因は何?治し方や予防法も紹介

女性

首や胸元、脇などにできた小さなポツポツ。保湿しても、触らないように注意していてもなかなか治らなくて困っていませんか?そのポツポツはアクロコルドンというイボの可能性があります。ここではアクロコルドンの原因や治し方、予防法を紹介します。

アクロコルドンとは

アクロコルドンは老人性イボの一つで、加齢や紫外線ダメージや摩擦が原因で発生するイボです。脇下や首筋、胸元など皮膚が薄く紫外線や摩擦のダメージを受けやすい部位にできやすいと言われています。
1mmから3mm程度の小さなイボで、少し皮膚が盛り上がった扁平な形をしています。色は、薄褐色のものもあれば摩擦や時間の経過で黒っぽいものもあります。

アクロコルドンと同じく老人性イボの一つに、スキンタッグというイボがあります。スキンタッグも数ミリ程度の小さなイボですが、プクッと皮膚が飛び出た形をしているのが特徴です。

早めに治療した方がいい?

早ければ20代から発生し始め、30代40代になると老人性イボの発生率も高くなります。アクロコルドンは非感染性の良性腫瘍なので、放置しても他人へ伝染ったり体に支障をきたすことはなく安全です。ただ、年齢を重ねれば重ねるほどイボは増えたり大きくなり、放っておいて手術をしなければいけないくらいの大きさや数になってしまう可能性もあります。そのため、アクロコルドンのような小さいイボの段階で早めに治療や予防をしておくことがおすすめです。特にアクロコルドンの場合、自宅で簡単に治療と予防ができることもあるので、ぜひイボケアを始めてみてください。

アクロコルドンの原因

アクロコルドンができる原因は、加齢や紫外線ダメージ、摩擦と言われています。特に加齢が原因であることが大きく、30代40代になると体力の衰えを感じ始めると思いますが、肌も衰え始めます。20代の頃は肌のターンオーバーが28日周期で繰り返されていたのが、30代を超えると35日周期になったり50日周期になったり、肌の生まれ変わりが遅くなります。古くなった角質は垢となって取り除かれますが、除去されなくなりどんどん古い角質が蓄積しやすくなります。その溜まった角質がアクロコルドンになり、皮膚がボコッと盛り上がった状態になるのです。
特に日光が当たりやすく服やネックレスなどの摩擦を受けやすい首はアクロコルドンができやすく、外的刺激によっても肌の老化が進みイボができやすくなります。また乾燥も大敵で、乾燥した肌も首イボの原因になります。

記事始めの目次に戻る

アクロコルドンの治し方

アクロコルドンは皮膚科で治療することも自宅で治療することもできます。それぞれの治療法について表にまとめました。

皮膚科で治療 液体窒素療法
炭酸ガスレーザー
内服薬を飲む
自宅で治療 ヨクイニン漢方薬を飲む
イボケア用クリームを塗る

以上のように、皮膚科では医療機器を使った治療法が推奨されています。液体窒素療法も炭酸ガスレーザーもイボの細胞ごと壊死させ取り除く方法で、アクロコルドンでも治療することが可能です。また、ヨクイニン配合の漢方薬を処方されイボを出来にくくします。皮膚科で治療すると即効性があり簡単に取り除くことはできますが、治療の費用が高い点や傷痕・シミが残る可能性がある点などリスクもあるのでしっかり吟味してくださいね。

皮膚科での詳しい治療方法については、皮膚科で首イボの治療にかかる費用と期間の記事で確認してください。

自宅で治療する方法は、至ってシンプルで簡単です。ドラッグストアやAmazonなどのネット通販で市販されているヨクイニン漢方薬やイボケアク専用クリームを日頃のイボケアとして使う方法で、小さなアクロコルドンに最適な治し方です。ヨクイニン漢方薬は1日数十錠飲まなければならなかったり粉末タイプは飲みにくかったり苦手な方もいると思います。そのため、特におすすめなのがイボケア用クリームです。ヨクイニン配合のイボケア用の商品で、毎日お風呂上がりのスキンケアとして使うことができるので忘れたり面倒さはありません。シミや傷痕を残したくない、まだ小さいイボなので自分で治したいという方には非常におすすめです。

アクロコルドンの予防法

実はアクロコルドンのような老人性イボは加齢によってできるイボなので、仮に皮膚科で高額な治療費を払ってイボを治療したとしても、年齢を重ねるとまたイボができる可能性が十分あります。せっかくイボを治したのに、また首イボや顔などにイボができたら意味ないですよね。そのため、アクロコルドンができないようにするために予防する必要があります。
そこでおすすめなのが、先ほども紹介したイボケア用クリームです。アクロコルドンの治療としても使えますが、今後のための予防としても使うことができます。イボケア用クリームにはヨクイニンという肌の新陳代謝を促進し、衰えたターンオーバーのスピードを早めて肌の生まれ変わりをスムーズにする働きがあります。また加齢などの原因で衰えた肌に潤いを与え、乾燥に強い肌へと導いてくれるため、イボ予防に効果的なのです。

記事始めの目次に戻る

おすすめのイボケア用クリーム

筆者がおすすめするイボケア用クリームを紹介します。ここで紹介する商品はどれもネット通販のみの販売で、24時間注文可能となっています。今なら最も安く購入できる商品ばかりなのでぜひチェックしてみてくださいね。

クリアポロン

クリアポロン
クリアポロンは、首や顔や胸元にできた小さなイボを取り除く効果と予防効果が期待できるイボケア専用のオールインワンジェルです。2種のヨクイニン配合で、効率よく肌の新陳代謝を高めてなめらかな肌を作ってくれます。ヒアルロン酸やビタミンC誘導体、プラセンタエキス、コラーゲンなどの美容成分もたっぷり含まれているため、肌の乾燥を防ぎハリのあるみずみずしい肌を手にすることができます。さらにセラミド配合で、肌のバリア機能が向上するためイボの原因となる紫外線や摩擦の刺激から肌を守ってくれます。

  • 通常価格:1個60g(30日分)6,800円(税抜)
  • 定期コース:1個60g(30日分)初回73%OFF 1,800円(税抜)

今購入すれば、最も安い1,800円で購入することができます。しかも、180日返金保証付きで安心して買えます!アクロコルドンを治したいなら今すぐ購入してくださいね。

公式サイトで購入する

⇒⇒クリアポロンについて詳しくはこちらの記事をチェック!

艶つや習慣

艶つや習慣
艶つや習慣はハトムギエキス配合のイボケア専用オールインワンジェルです。ハトムギエキスにも肌の新陳代謝を高め古い角質を取り除く効果があり、艶つや習慣には従来よりも5倍含有されています。より効果が実感できるようになっています。保湿効果もあるため、治療や予防のイボケアとして使うことができます。

  • 通常価格:1個120g(30日分)4,104円(税込)
  • 定期コース:1個120g(30日分)初回50%OFF 2,052円(税込)

公式サイトで購入する

⇒⇒艶つや習慣について詳しくはこちらの記事をチェック!

シルキースワン

シルキースワン
シルキースワンはヨクイニンとハトムギ配合のイボケア専用クリームです。乾燥肌やポツポツ肌に成分がしっかり浸透し、肌の新陳代謝を促進してくれます。スクワランやビタミンC誘導体など12種の美容成分も含まれているため、乾燥が気になる方にもおすすめです。

  • 通常価格:2個40g(30日分)9,800円(税抜)
  • 定期コース:2個40g(30日分)初回約70%OFF 2,980円(税抜)

公式サイトで購入する

⇒⇒シルキースワンについて詳しくはこちらの記事をチェック!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はアクロコルドンについて紹介しました。アクロコルドンは比較的小さなイボなので早めの対策で治すことができます。イボケア用クリームなら手間なく自宅で簡単にできるので、今から首のケアを始めようと思っているならおすすめです。ぜひ使って体感してみてくださいね!