あせもの原因って何?自宅で簡単にできる改善方法

あせも

汗をかくと、皮膚が痒くなったり赤いブツブツができることがあります。いつの間にかできてしまった痒みや赤みを伴うザラザラ肌はあせも(汗疹)といい、汗のかきやすい夏場に多い肌のトラブルの一つです。今回はあせもの原因と自宅で簡単にできる改善方法を紹介します。

あせもの原因

あせも(汗疹)はかゆみや赤みを伴う肌のザラザラや小さなぶつぶつのことです。汗腺が詰まって炎症を起こすことが原因で起こる皮膚疾患の一つです。汗をかいたときに上手く発汗できず、汗を外に放出することが難しいため、皮膚の汗管(かんかん)と呼ばれる管から汗が他の組織に漏れ出し、水ぶくれができたり赤くブツブツができたりします。
通常、新陳代謝の高い子供で発症しやすく、発症しやすい部位は汗腺の多い頭や首、汗の乾きにくい膝の裏側や肘の内側や背中などとなっています。また、汗のかきやすい夏場に症状が出やすいです。あせもは痒くてブツブツしているので、気になって掻いたり触ったりすると更にひどくなります。治っても痕が残ることもあるのでできるだけ触らないようにしましょう。

暑さだけでなく、肥満や更年期障害などが原因であせもになることもあり、主に子供に多いと言われているあせもですが、大人でもできることがあります。

あせもの改善方法

あせもの改善方法は、こまめに汗を拭いたり清潔にしておくことが一番です。触らなければ、時間が経てば自然と治るものなので汗をかいたら清潔なタオルやハンカチで拭くように心がけましょう。通気性の良い服を着たり、吸湿速乾性の高い服を着るのもあせもの対策になります。また、かゆみや炎症を伴い酷くなる場合は皮膚科でステロイド系の軟膏を処方してもらうと良いでしょう。処方された軟膏を塗れば、ほぼ確実に治すことができるので、酷くならないうちにすぐに受診するのもおすすめです。
あせもの場合は保湿の高いクリームなどを塗ると逆に痒みが出てくることがあり、逆効果になる可能性もあるので注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はあせもの原因と自宅でできる改善方法を紹介しました。あせもは夏場にできやすく、誰にでもできる可能性の高い症状です。汗をかいたらその都度拭いて清潔にしておきましょう。
もし、痒みや赤みを伴わないのに首がザラザラしている場合はイボの可能性があります。気になる方はこちらの記事をチェック!!

⇒⇒首のザラザラの正体は何?治す方法はあるの?