顔イボを皮膚科で取る方法と治療にかかる費用

病院のカルテ

顔イボを皮膚科で取るにはいくつかの治療方法があります。専門医に治療を受けることができるので、確実性や即効性が高く手っ取り早く顔イボを取りたい方にはおすすめです。ただし、治療にかかる費用は高額になる場合が多く、金銭面に余裕を持って受ける必要があります。そこで今回は顔イボを皮膚科で取る方法の種類と治療にかかる費用、メリットデメリットなどについて紹介します。
※最後には皮膚科以外での治療方法も紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね!

顔イボを皮膚科で取る治療法

顔イボを皮膚科で取る方法は、炭酸ガスレーザーや液体窒素療法、手術、ハサミで除去の主に4種類あります。どれも皮膚科や美容皮膚科などで治療することができる治療法です。それぞれの治療法について詳しく見ていきましょう。

炭酸ガスレーザー

皮膚科で最も人気の高い顔イボ治療法が炭酸ガスレーザーです。主に皮膚科や美容皮膚科などで受けることができ、おでこやまぶた、目の下、ほほなどにできた顔イボも治療することができます。炭酸ガスレーザーは、炭酸ガス(CO2)の光レーザーがイボができた皮膚細胞の水分を吸収することで、イボのみを除去する方法です。炭酸ガスレーザーの特徴は、治療後1〜2週間でキレイになる即効性があることや傷やシミになりにくいので、顔のイボでも治療できることです。ただし、治療費が高額になる点や光アレルギー・アトピー体質の方など治療できる人が限られている点があるので、慎重に決める必要があります。

液体窒素療法

液体窒素療法は最も一般的なイボの治療法の一つです。-200℃近くの液体窒素をイボ組織に当て、凍結させることによって除去する方法で、ほとんどの皮膚科で治療を受けることができます。液体窒素療法は炭酸ガスレーザーに比べると、保険適応となるため治療費が安く、比較的手軽に受けることができます。一方で、傷やシミとして痕が残る可能性が高く、顔イボの治療には向いていません。

手術

直径1cmを超えるイボや、軟性線維腫や懸垂性繊維腫など垂れ下がったり肥大化したイボは手術によって除去することができます。他の治療法を試しても治らなかった場合の最終的な治療法として使われることが多いです。局所麻酔をしてイボにメスを入れて切除します。そのため、傷痕が残る可能性が高く、顔イボにはおすすめしません。

ハサミで除去

非常に原始的な方法として、ハサミで除去する治療法もあります。小さいスキンタッグと呼ばれるイボを治療するときに用いられる場合が多いです。ハサミで切断するだけなので非常に手軽で、小さいイボであれば痛みを伴わずにイボを取ることができます。しかし、場合によっては傷になったり痕が残ったりすることがあるので顔イボの治療にはおすすめしません。

顔イボ治療にかかる費用

顔イボの治療にかかる費用は治療法によって大きく異なり、安い治療法ほど傷やシミが残るリスクが高いといえます。以下、4種類の治療法にかかる費用をまとめました。

炭酸ガスレーザー 初診料 1,000円〜3,000円
1回 30,000円
イボ1個 2,000円〜 10,000円
麻酔代 2,000円〜4,000円
液体窒素療法 初診料 1,000円〜3,000円
1回 600円〜1,000円
※3割負担で
手術 大きさや数によって異なる
※要確認
ハサミで除去 初診料含めて3,000円程度

顔イボの治療法として最もオススメの「炭酸ガスレーザー」は、最も治療費が高いです。病院によって価格に差があり、安いとイボ1個2,000円程度で治療できますが、高ければ10,000円以上もかかる場合もあります。また、保険適用外となるためすべて自己負担で支払う必要があります。

記事始めの目次に戻る

皮膚科で顔イボを取るメリットとデメリット

皮膚科で顔イボを取る治療法について紹介しましたが、ここでは皮膚科で治療するメリット・デメリットについてまとめました。
皮膚科で顔イボを取るメリットは、以下の4つです。

  1. 治療が短時間即効性がある。(大体1週間〜4週間程度)
  2. 専門医に治療してもらうことによる安心感と信頼性
  3. どのイボでも治療することができる

皮膚科で治療する最大のメリットは、治療にかかる時間が短く、即効性がある点です。今すぐイボを治したい人には最適な治療法と言えます。
一方で皮膚科で顔イボを取るデメリットを挙げると、以下の4つです。

  1. 炭酸ガスレーザーは保険適用外で治療費が高額になる
  2. 顔イボの除去効果は、医師の技量による事が多い
  3. 顔に傷痕やシミが残るリスクがある
  4. 治療後、1〜2週間程度ダウンタイムがある

皮膚科で治療する最大のデメリットは、治療にかかる費用が高額になる可能性が高く、医師の技量によってイボ取りの効果が異なる点です。上記のように炭酸ガスレーザーで顔イボを治療しようと思うと、数万円は覚悟しなければなりません。1回で治療が済めばいいですが、ものによっては2,3回治療する必要がある場合もあり、治療費が2倍3倍に膨れ上がる可能性もあります。また、実績のある医師に治療してもらわないと傷痕が残ったり、治療に長引く可能性もあり、皮膚科で治療する際は、しっかり金額や医師の技術力を確認してから臨むようにしましょう。

皮膚科に行かなくても治療できる?

お金があれば高額の治療費を払って、名医に治療してもらうことができますが、“ちょっと皮膚科で顔イボを治療するのが怖いな”と思った方もいるかと思います。実は、皮膚科に行かなくても、一次的な治療や顔イボの予防として自宅でできる治療法があります。ここで紹介する自宅でできる治療法は、安心・安全性が高く、傷痕やシミになる心配もなく、費用が高くなることもありません。ぜひ、試して欲しい治療方法なのでチェックしてみてください。

自宅で顔イボを治す方法

自宅で顔イボを治す方法は3つあります。

  • 顔イボ取りクリームを使用する
  • ヨクイニン漢方薬を飲む
  • 市販の外用薬を塗る

以上の3つは、どれも街の薬局やドラッグストア、通販サイトで手軽に購入でき、自宅で簡単に取り入れられる方法です。そのため、今日購入すれば早ければ今日から顔イボのケアをすることができます。
この中で最もオススメの方法が、顔イボ取りクリームを使用することです。まぶたやおでこなどにできたプクッとしたイボに効果的な成分がたっぷり配合されたクリームを選ぶと毎日のケアとしてとても効果的です。特にヨクイニン(ハトムギ)という成分が配合されたクリームをなら、イボを目立たなくさせ、滑らかな肌へと整えてくれる効果があるのでおすすめ!低価格で簡単に購入することができるのでぜひ試してみてください!

ここからは、おすすめのヨクイニン配合の顔イボ取りクリームを紹介します。

クリアポロン

クリアポロン
クリアポロンは2種のヨクイニンが配合された顔イボ取りクリームです。2種のヨクイニンによって効果的に皮膚細胞へアプローチすることができ、イボ組織にも浸透するので内側からしっかりケアしてくれます。さらにビタミンC誘導体やプラセンタエキス、ヒアルロン酸、コラーゲンなど美容成分・保湿成分も十分配合されているので、毎日のスキンケアとしても使えます。無添加処方で敏感肌・乾燥肌でも使用できるおすすめの商品です。
今なら初回限定で70%OFFの1,800円で購入することができるキャンペーンを開催中です。費用を抑えて顔イボケアをするなら今がチャンスです。

  • 通常価格:1個60g(30日分)6,800円(税抜)
  • 定期コース:1個60g(30日分)初回73%OFF 1,800円(税抜)


顔イボを自宅で治したい方はこちらのボタンから公式サイトをチェックしましょう!

公式サイトで購入する

艶つや習慣

艶つや習慣
艶つや習慣はハトムギエキスが配合された顔イボ取りクリームです。ハトムギエキスに含まれる豊富なアミノ酸やビタミンなどが、肌の新陳代謝を整え、健康的でツルンとした肌へ導いてくれます。プラセンタエキス、ヒアルロン酸など美容成分が95%以上含まれている美容効果の高い商品です。大容量なので、自宅で手軽に顔イボをケアするならとてもコストパフォーマンスがいいですよ。
今なら初回50%OFFの2,052円で購入できるキャンペーン実施中です!

  • 通常価格:1個120g(30日分)4,104円(税込)
  • 定期コース:1個120g(30日分)初回50%OFF 2,052円(税込)

最安値で購入できる絶好のチャンス!自宅で顔イボをケアしたいなら公式サイトをチェックしましょう。

公式サイトで購入する

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は顔イボを皮膚科で取る方法の種類と治療にかかる費用、メリットデメリットなどを紹介しました。皮膚科での治療は手軽で即効性が高く効果的な治療法である一方で、費用が高かったり傷痕が残るリスクを抱えてます。もし、そのリスクが怖いなら、まずは自宅で簡単にできるヨクイニン配合の顔イボ取りクリームを試してみてはいかがでしょうか。