首のイボやポツポツは皮膚の病気?原因と対処法は?

女性

首にできたイボのようなポツポツやブツブツに悩んでいませんか?見た目に関わる部分なので気になる女性は多いハズです。首の皮膚は薄いため、外的な刺激に弱くイボのようなポツポツができやすいです。首のイボやポツポツは何なのか、皮膚の病気なのか、原因や対処法も含めて紹介します。

皮膚の病気の種類

皮膚の病気と言っても様々あり、皮膚疾患や皮膚炎と呼ばれるものがそれに当たります。例えば以下のような皮膚の病気があります。

  • 湿疹
  • アトピー性皮膚炎
  • じんましん
  • 乾癬
  • 尋常性痤瘡(にきび)
  • 脂漏性皮膚炎
  • 足白癬(水虫)
  • ペルペス
  • 尋常性疣贅(イボ)
  • 老人性疣贅
  • 皮膚がん
  • 円形脱毛症

以上のように様々な病気があり、慢性的なものから一時的なものまで様々あります。また細菌の感染によるものやウイルスの感染によるもの、加齢によるもの、遺伝的なもの、外的な刺激によるものなど原因も様々あります。

では、首にできたイボやポツポツしたできものは何なのでしょうか?

首イボやポツポツは何?

首イボや肌のポツポツ、特にかゆみや痛みのないものに関しては、尋常性疣贅もしくは老人性疣贅であることが多いです。逆にかゆみや痛みを伴うものはあせもや湿疹、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)なども考えられます。痒みや痛みはなく、首にプクッと盛り上がったできものがあったりポツポツと突起したできものがあったりする場合は疣贅(ゆうぜい)、つまりイボである可能性が高いです。

首イボの原因

首イボの原因は2パターンあります。1つはヒトパピローマウイルスというウイルス感染が原因のもので、ウイルス性イボや尋常性疣贅などと呼ばれています。免疫力が低下している時に皮膚の傷口からウイルスが侵入することによって皮膚細胞が感染し、ボコッと盛り上がったイボができます。ただし、首イボに関しては首に傷がない限り、ウイルス性イボの可能性は低いです。
首イボの原因として多いのが、加齢や紫外線ダメージなどが原因のもので、老人性疣贅や老人性イボと呼ばれています。このイボはその名の通り年齢を重ねるごとにできやすいイボで、肌の新陳代謝の低下やターンオーバーの乱れによって、肌の28日周期のサイクルが遅れることにより起こります。古い角質がずっと皮膚に残ったままになり、固くなってイボやポツポツとした肌になってしまいます。

記事始めの目次に戻る

首イボの対処法

そんな老人性イボができた方やウイルス性イボができた方の対処法は、いくつかあります。

  • 皮膚科で治療する
  • ヨクイニン漢方薬を飲む
  • イボを治す市販薬を使う
  • 首イボクリームを塗る

手っ取り早いのは、皮膚科で治療することです。ですが、ここでおすすめしたいのが、首イボクリームを塗る対処方法です。皮膚科ほどの即効性はないですが、数ヶ月間使い続けるだけで首イボが目立たなくなりきれいな肌になる効果があります。その上跡が残ったりシミになったりすることもないですし、自宅で簡単にできます。手間ひまかけず、自宅で首イボを対処するなら首イボクリームがおすすめです。

おすすめの首イボクリームはクリアポロン

クリアポロン
いくつかある首イボクリームの中でも一番のおすすめはクリアポロンです。公式サイトから定期コースを注文すると、今なら初回限定で73%OFFの1,800円(税抜)で購入することができます。しかも、送料無料で2回目以降の20%OFFとかなり安く手に入れることができますので、続けやすいです。自宅で簡単に首イボを治療したい人や病院に行くのが嫌な人、安く治療したい人にはおすすめです!
最安値で買えるこの機会に公式サイトをチェック!

公式サイトで購入する

⇒⇒首イボの対処法におすすめのクリアポロンについて詳しくはこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は首のイボやポツポツは皮膚の病気なのか、原因や対処法を含めて紹介しました。様々な皮膚の病気があるなかで、首のできものは老人性イボである可能性が高いといえます。自宅で簡単に治したい方は今すぐ首イボクリームのクリアポロンをチェックして、試してみてくださいね!

⇒⇒首イボクリームの「艶つや習慣」もおすすめです。気になる方はこちらもチェック!