皮膚科で首イボの治療にかかる費用と期間

かわいい子猫

目立ち始めた首イボや首筋のポツポツを治したい場合、皮膚科で治すことができます。美容皮膚科やスキンクリニック、皮膚科クリニックと呼ばれるクリニックに行けば、首イボ治療に適した技術・設備があり、対応してくれます。ここでは皮膚科で首イボの治療をする場合の治療方法や治療費、期間を紹介します。

皮膚科でできる首イボ治療方法

皮膚科でできる首イボ治療方法は主に2つあります。1つは液体窒素療法で、もう一つは炭酸ガスレーザーです。多くの皮膚科で行われている、最もポピュラーなのが液体窒素療法で、イボ除去法として古くから行われてきた施術方法です。炭酸ガスレーザーは主に美容皮膚科(スキンクリニック)で行われている施術方法で、首イボ除去法として現在主流になっています。
※その他にもハサミで切る方法や糸で縛って取る方法、内服薬を飲んで治す方法などもあります。

液体窒素療法

ほとんどの皮膚科で対応可能なのが、液体窒素療法です。−200℃近くの液体窒素をイボに当て、凍結させることによってイボ組織を取る方法です。液体窒素療法で首イボを治療する際の特徴をまとめると、以下の7つです。

  1. 保険適用なので3割負担で、治療費は抑えることができる。
  2. 多くの皮膚科・クリニックで対応している。
  3. 老人性イボやウイルス性イボ(尋常性疣贅)のどちらも治療できる。
  4. 施術の際、チクッとした痛みを伴う。
  5. 首イボの除去効果は、医師の技量による事が多い。
  6. シミや傷痕が残る可能性が高い。
  7. 1回で終わらす数回に分けて治療しなければならない。

以上のように、液体窒素療法はメリットもありますがデメリットも多く、現在では皮膚科クリニックや美容皮膚科では推奨されていません。

特に首イボや顔イボなど、目立つ部分にできたイボはシミや傷になる可能性が高いため、おすすめはできません。そこで、跡が残らず自然な形で治る炭酸ガスレーザーが現在多くの皮膚科クリニックや美容皮膚科(スキンクリニック)でおすすめされています。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーはスキンタッグやアクロコルドンなどの盛り上がったイボに対して、炭酸ガスレーザーを照射してイボ組織ごと蒸散させ、ポロッと細胞を取り除く方法です。スキンタッグのような小さなイボから軟性線維腫のような大きいイボまで対応できます。炭酸ガスレーザーで首イボを治療する際の特徴をまとめると、以下の6つです。

  1. 傷痕やシミになりにくい。
  2. 施術の際はほぼ無痛で、10分程度で早く終わる。
  3. 老人性イボやウイルス性イボ(尋常性疣贅)のどちらも治療できる。
  4. ほとんどが保険適用外で、治療費全額を負担しなければならない。
  5. 首イボの除去効果や痕は、医師の技量による事が多い。
  6. 施術後は1週間程度患部をテーピングする必要がある。

以上のように炭酸ガスレーザーの治療に関しても、メリットとデメリットがあります。液体窒素療法と比較して、傷痕やシミになりにくく痛みはないですが、治療費が高く治療後は数日間テーピングしなければならず見た目に響きます。また、効果は医師の技術や施術機器による部分が大きく、クリニックを間違えると失敗することもあるようです。

首イボ治療にかかる費用

液体窒素療法と炭酸ガスレーザーの2つの方法について首イボ治療にかかるおおまかな費用を紹介します。

液体窒素療法 初診料 1,000円〜3,000円
1回 600円〜1,000円
※3割負担で
炭酸ガスレーザー 初診料 1,000円〜3,000円
1回 30,000円
イボ1個 2,000円〜
麻酔代 2,000円〜4,000円

病院によってまたはイボの数や大きさによって、金額は異なりますがだいたい上のような金額になります。炭酸ガスレーザーは、イボ1個で治療費がかかる皮膚科・クリニックが多く、数が多くなればなるほど治療費が高額になります。また、施術にかかる費用だけでなく麻酔代や処方箋代なども追加でかかります。

記事始めの目次に戻る

首イボ治療にかかる期間

皮膚科でできる首イボ治療(液体窒素療法や炭酸ガスレーザー)にかかる治療期間についてもまとめると以下のとおりです。

液体窒素療法 数回通う必要がある。
1年間以上かかる場合もある。
炭酸ガスレーザー 1回で治療できる。
施術後1週間程度、患部をテーピングした後、再度病院へ行くことになる。

このように液体窒素療法と炭酸ガスレーザーは治療期間も大きく異なり、すぐに首イボを除去したい方は炭酸ガスレーザーがおすすめです。ただ、施術後は首や顔に絆創膏のようなものをテーピングする必要があるため、見た目が気になる方はおすすめしません。

そこで、筆者がおすすめしたいのが、皮膚科に行かずに治療する方法です!病院へ行くのが嫌な方、シミや傷になるのが怖い方、高額な治療費を払いたくない方などは今から紹介する方法を試してみてください!

皮膚科に行かずに治療する方法は?

クリームを塗る女性
皮膚科に行かずに首イボを治す方法は、首イボクリームを塗ることです。首イボクリームとは、ヨクイニン(ハトムギ)配合の首イボケアや保湿ケアができる化粧品で、毎日塗り続けることで首イボを目立たなくする効果があります。ヨクイニンという成分は、腫瘍抑制作用や肌の新陳代謝促進作用、免疫力を高める作用、肌荒れやニキビの予防作用など様々な作用があり、首イボに効果的に働いてくれます。このヨクイニン(ハトムギ)がたっぷり配合された首イボクリームは、首イボケアに効果的と言われており、多くの女性に注目されています。実際口コミで評価が高いのが、クリアポロン。クリアポロンは2種のヨクイニンとあんずエキスを含んだオールインワンジェルで、首イボケア効果が高く、肌の奥から浸透し、保湿効果や美肌効果も高い商品です。

クリアポロン

クリアポロン
クリアポロンは、加齢や紫外線などで衰えた肌の新陳代謝を促進し、古い角質を取り除き若々しい肌へ導く効果を持っています。実感力は高く、口コミでも「首イボが目立たなくなった」「肌が綺麗になった」など効果を実感した方も多くいます。首イボの改善効果を持つヨクイニンやあんずエキスだけでなく、ヒアルロン酸やビタミンC誘導体やコラーゲン、プラセンタなど美容成分が90%以上配合されており、日々のスキンケアとしても活用できる商品です。病院へ行きたくたくない方、出来るだけ自分で治したい方、自宅で首イボケアをしたい方におすすめです!

  • 通常価格:1個60g(30日分)6,800円(税抜)
  • 定期コース:1個60g(30日分)初回73%OFF 1,800円(税抜)

今なら定期コースで購入すると、初回限定で5,000円引きで買うことができます。一度、首イボケアとして試してみたいという方は、180日返金保証キャンペーンも実施していますので購入するなら今ですよ♪

公式サイトで購入する

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は皮膚科で首イボの治療をする場合の治療方法や治療費、期間を紹介しました。皮膚科での治療は、メリットデメリットがあり、あなたがどこを重要視するかによって決めると良いでしょう。また、皮膚科だけでなく自宅で簡単に首イボケアができる方法もぜひ参考にしてみてくださいね。あなたに合った首イボ治療法を見つけて、悩みのない生活を手に入れましょう!