まぶたにできるイボの種類と原因!自宅で簡単に改善する方法

女性のまぶた

まぶたにできるイボ種類や原因、治療方法、自宅で簡単に改善する方法について紹介します。まぶたにできた小さなポツポツやブツブツを治したいけど、このポツポツの正体は何か、何が原因なのか、どう治せばいいのか、分からない人は多いはず。皮膚科へ行けば済む話ですが、その前に『自分の力で改善できないか』と考えている方におすすめの情報をここでは紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

まぶたにできるイボの種類

まぶたにできるイボの種類は主に、3種類あります。

  1. 老人性イボ(脂漏性角化症)
  2. ウイルス性イボ(尋常性疣贅や扁平疣贅)
  3. 稗粒腫(はいりゅうしゅ)

これら3つのイボは、まぶたを含む顔全体にできることがあります。まぶたにできたポツポツはほとんどの場合、これら3つのイボである可能性が高いです。

まぶたのイボの特徴と原因

まぶたに出来るイボ、『老人性イボ』と『ウイルス性イボ』と『稗粒腫』のそれぞれのイボの特徴と原因について詳しく見ていきましょう!

老人性イボ

老人性イボは、加齢に伴ってできるイボのことで、肌の老化が始まる30代以降から増えていく老化現象の一つです。まぶたなどの顔にできる老人性イボは主に『脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)』と呼ばれ、40代以降からでき始めて80代以降でほぼ100%の人ができると言われています 。
脂漏性角化症の見た目平坦な薄茶色のポツポツした見た目をしており、最初はシミに間違いやすいです。放っておくと大きくなったりポコッと盛り上がってきて、色も薄茶色から黒っぽい色に変色していきます。数ミリのものから1cm以上のものまで大きさは様々です。
まぶたにできる脂漏性角化症の原因は、加齢と紫外線による肌の老化が考えられ、年齢を重ねるごとに紫外線を浴びやすい顔や首などにできやすいイボです。また、若い方でも遺伝的な原因でできやすい人もいます。肌の老化が進むと、肌の新陳代謝が下がり、ターンオーバーが乱れる(遅くなる)ため、正常に肌が生まれ変わることができなくなり、古い角質が肌表面に蓄積してしまい、イボができやすくなります。

⇒⇒老人性イボの種類や原因、改善方法について詳しくはこちら!

ウイルス性イボの特徴と原因

ウイルス性イボはウイルス感染によってできるイボのことで、比較的若い年代にできやすい良性の腫瘍です。まぶたなどの顔にできるウイルス性イボは主に『尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)』と『扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)』と呼ばれています。
尋常性疣贅の見た目は、プクッと盛り上がった丸い形をしており、カサカサした湿疹のような見た目をしています。放っておくと周りが赤く血豆のようになったり、広がったりします。扁平疣贅の見た目は、平坦で円形もしくは楕円形の形をしており、2ミリから3ミリ程度の小さいです。色は薄ピンクや肌色に近い茶色で、シミや湿疹と間違いやすい見た目をしています。
まぶたにできるウイルス性イボの原因は、免疫力低下による皮膚のウイルス感染です。風邪などの体調が悪いときや睡眠不足・栄養不足の状態のとき、肌の乾燥やアトピーなどで肌荒れがひどいときに、顔に傷があると、その傷口からウイルスが侵入し感染します。他人へ感染する可能性もあるため早めの対処が必要です。

⇒⇒ウイルス性イボの種類や原因、改善方法について詳しくはこちら!

稗粒腫の特徴と原因

稗粒腫は、古い角質が溜まることでできるイボのことで、年代性別問わず様々な方がなりうる良性の腫瘍です。まぶたを含め目の周りになりやすく、傷跡ができたときにできやすいのが特徴です。
稗粒腫の見た目は、小さく丸いポツポツとした白色〜黄白色の粒のような形をしています。たいていの場合1ミリから2ミリ程度の小さなイボで、白ニキビと間違いやすいです。稗粒腫には痛みやかゆみはありません。
稗粒腫ができる原因は、はっきりと解明されておらず分かっていません。

記事始めの目次に戻る

まぶたのイボの治療方法

まぶたのイボを取る方法は上記3種類のイボで異なりますので、それぞれのイボにおける治療方法を紹介します。

老人性イボの治療

まぶたにできた老人性イボを治すためには大きく分けると、自宅でケアする方法と皮膚科で治す方法の2パターンがあります。まずは自分で何とかしたい方や皮膚科へ行くのが面倒な方などは自宅でケアする方法がおすすめです。
自宅でケアするなら以下の通り、3つの方法があります。

  • ヨクイニン配合化粧品を使う
  • ヨクイニン漢方薬を飲む
  • ヨクイニン配合外用薬を塗る

ヨクイニンは、イボの改善に効く成分で、ターンオーバーを正常に戻し、肌の生まれ変わりを促進する働きがあります。そのため、ヨクイニン入りの化粧品や漢方薬、外用薬を使うとイボの改善に繋がります。特に、クリアポロン』や『艶つや習慣』などのヨクイニン入りの化粧品を使えば、医療機関で行う治療ほどの即効性はありませんが、毎日続けることで目立ちにくくしたり小さくしたりするのに役立ちます。

皮膚科で治すなら以下の通り、3つの方法があります。

  • 炭酸ガスレーザーによる除去
  • 液体窒素療法による除去
  • ヨクイニン内服薬

まぶたにできる老人性イボを除去するなら、炭酸ガスレーザーか液体窒素でイボ組織ごと取り除く方法があります。たいていの場合、傷痕が残りにくく施術回数が1回で済む『炭酸ガスレーザー』で治療することが多いです。治療は1回で済むため、ダウンタイムを含めても2週間〜1ヶ月程度でイボを治すことができます。
液体窒素療法は保険適応のため1,000円〜3,000円ほどで治療を受けることができます。一方、炭酸ガスレーザーは保険適応にならず自費診療となるため、イボの大きさや数によって高額な費用がかかります。施術を受ける病院によって価格が異なり、大体イボ1個2,000円〜10,000円ほどかかります。

ウイルス性イボの治療

まぶたにできたウイルス性イボの治療も、上記で紹介したウイルス性イボの治療法とほぼ同様です。ただ、ウイルス性イボはウイルス感染によるものなので、ウイルス性イボを治すなら皮膚科へ受診するほうが無難です。特にまぶたのイボは繁殖すると見た目にも影響が出てくるので、皮膚科へ行って早期治療する方がいいでしょう。皮膚科での治療の場合、炭酸ガスレーザーや殺菌消毒作用のある外用薬、ヨクイニン内服薬などで治療することになると思います。

一方で、ウイルス性イボの改善や予防をするなら、自宅でケアするのがおすすめです。ウイルス性イボは、免疫力の低下、肌の乾燥、生活習慣の乱れなどによって発生しやすいため、これらに気をつけることが大切です。
ウイルス性イボを自宅でケアするなら、以下の3点を心がけましょう!

  • ヨクイニン漢方薬を飲む
  • 保湿効果の高い化粧品を使ってスキンケアをする
  • 十分な睡眠をとる
  • 栄養バランスの取れた食事をとる

特に、保湿効果の高い化粧品でおすすめなのが『クリアポロン』や『艶つや習慣』といったヨクイニン入り化粧品です。なぜなら、ヨクイニンはイボを目立たなくさせるだけでなく、免疫力を高める効果や保湿効果があるからです。ニキビや肌荒れなどのトラブル肌を整えてくれるのでウイルス感染の予防にもなります。

稗粒腫の治療

稗粒腫は皮膚科によるレーザー治療が一般的です。炭酸ガスレーザーで稗粒腫の皮膚組織をレーザー照射し除去します。ただし、一度皮膚科で治療したとしても再発する可能性があるため、自宅で予防することが大切です。

まぶたのイボを自宅で簡単に改善する方法

まぶたのイボを自宅で簡単に改善する方法は、『ヨクイニン入り化粧品を使う』方法です。これはイボの予防にも使えます。
まぶたのイボにヨクイニン入り化粧品が良い理由は以下のとおりです。

  • ターンオーバーを正常に戻し、なめらかな肌を作ってくれる
  • 保湿効果がある
  • 免疫力アップ効果がある
  • 肌荒れ、乾燥などの肌トラブルを改善してくれる

ヨクイニン成分によって以上の4つの効果が期待でき、老人性イボやウイルス性イボや稗粒腫の改善・予防に繋がります。また、ヨクイニン入り化粧品は、毎日のスキンケアとして使うことができ、毎日続けやすいです。ネット通販などで簡単に購入することができるので、手軽に始めやすいのもメリットの一つです。

自宅で簡単にまぶたのイボを改善したい、再発しないように予防したい方は、ヨクイニン入り化粧品を使ってケアしていきましょう!

クリアポロン

クリアポロン
クリアポロンは、Wヨクイニン配合の高保湿オールインワンジェルです。2種類のヨクイニンが高配合されているので、ターンオーバーを正常に戻す効果が高く、顔イボや首イボなどポツポツ肌をなめらかな肌にするのにおすすめです。保湿成分も豊富に含まれており、パラベンフリー・アルコールフリー・香料や着色料不使用で、肌に優しい無添加処方の化粧品です。

定価 有効成分 保湿成分
6,800円(税抜) 脂溶性・水溶性の
2種のヨクイニンエキス、
あんずエキスなど
5種のヒアルロン酸、
3種のコラーゲン、
3種のセラミド、スクワラン
アロエエキスなど
最安値 容量 総合評価
1,800円(税抜)
(初回限定73%OFF)
60g
(約1ヶ月分)
★★★★★
S

最安値の1,800円で購入するならこちらのボタンをチェック!

公式サイトで購入する

艶つや習慣

艶つや習慣
艶つや習慣はハトムギエキス(ヨクイニン)とあんずエキス配合のオールインワンジェルです。従来の5倍量配合された2成分により、イボケア効果も高まり、ポツポツ肌の改善に役立ちます。ヒアルロン酸やアロエベラなどの保湿成分もたっぷりで、肌の乾燥や肌荒れも改善にもサポートしてくれます。大容量なので、たっぷり使えてお得感のある商品です。

定価 有効成分 保湿成分
4,105円(税抜) ハトムギエキス
あんずエキス
ヒアルロン酸
アロエベラ
最安値 容量 おすすめ度
2,052円(税込)
(初回限定50%OFF)
120g
(約1ヶ月)
★★★★
S

艶つや習慣を最安値の2,052円で購入するなら、こちらのボタンから!

公式サイトで購入する

シルキースワン

シルキースワン
シルキースワンは2種のヨクイニン配合の美容成分たっぷりなジェルです。2タイプのヨクイニンが配合しており、イボの改善に効果的です。ビタミンC誘導体やヒアルロン酸、スクワランなどの12の美容成分がたっぷり含まれ、美肌効果の高い化粧品です。2つに小分けされているので、持ち運び便利で、出張や旅行などでもかさばらず使い勝手が良いです。

定価 有効成分 保湿成分
9,800円(税抜) ヨクイニンエキス
ハトムギ種子エキス
杏仁オイルなど
スクワラン、ビタミンC誘導体
ヒアルロン酸、コラーゲンなど
最安値 容量 おすすめ度
2,980円(税抜)
(初回限定約70%OFF)
20g×2
(約1ヶ月)
★★★★
S

最安値の2,980円で購入するならこちらのボタンをチェック!

公式サイトで購入する



もっとおすすめのヨクイニン入り化粧品を知りたい方はこちらの記事がおすすめです!

顔のイボ取りクリームおすすめランキング10選とイボ取りクリームの選び方について紹介しています。顔イボを改善したい方は今すぐチェックしましょう!

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はまぶたにできるイボの種類と原因、治療方法や自宅で簡単にできる改善方法などを紹介しました。まぶたの改善や予防にはヨクイニン入り化粧品をぜひ使ってみてくださいね。ここで紹介した商品は、今なら安く購入できるので要チェックですよ♪