シルキースワンは効かない!?効果的な正しい使い方とは

シェアする

考えるかわいい女性

今回はシルキースワンは効かないのか、効果的な正しい使い方について紹介します。年齢と共に出てくる、首元や胸元のイボはとても気になりますよね。首イボや顔イボのざらつき改善などに効果が期待できる上に美容効果もある保湿ジェル「シルキースワン」の購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

シルキースワンは本当に効かないの!?

シルキースワンの成分や期待できる効果は問題ないと言えるでしょう。しかし、人によって「効かない」「効果がない」という声や口コミを見かけますよね。まず、必ず前提にあることは、効果に個人差があるということを忘れないようにしましょう。シルキースワンやぽろぽろクリアジェルには首イボ改善に効果的な成分が配合されているので、しっかりと効果が出るように、正しい使い方を身につけましょう。

シルキースワンが効かないケースは個人差も大きく関係しますが、大体のケースで毎日使い続けることができてない、使い始めて間もないケースが多いです。まずは、2ヶ月使い続けてみましょう。

シルキースワンの正しい使い方

シルキースワンの使い方はとっても簡単で、以下の通りになります。今回はぽろぽろクリアジェルとの併用で効果を高めるための正しい使い方を紹介します。

  • 洗顔やクレンジング、お風呂上がり後にぽろぽろクリアジェルを適量手に取る。
  • やさしく円を描くようにマッサージをして塗り広げる。
  • タンパク質と反応してぽろぽろとカスがでるので、水かぬるま湯で洗い流す。
  • シルキースワンを小豆大ほど手に取る。
  • やさしく円を描くようにマッサージをして塗り広げる。
  • イボの部分には加えて米粒大のシルキースワンを重ね塗りする。

※ぽろぽろクリアジェルの使用頻度は1〜2週間に1回です。

角質ケアのぽろぽろクリアジェルで不要な角質を洗い流した後は、美容ジェルのシルキースワンで保湿をして予防を心がけましょう。年齢によってターンオーバーの周期は異なりますが、お肌のターンオーバーは28日から45日程度と言われています。1、2週間塗ったからといって、すぐに効果が出るわけではありません。効果を高めるためには、規則正しい生活を送り、毎日シルキースワンを使い続けることが大事です。

シルキースワンの成分をおさらい

シルキースワンは、首元や胸元にできるポツポツに効果的な成分として、ハトムギ種子エキス、ヨクイニンエキス、杏仁オイル、キハダ樹皮エキスの他にも12種類もの美容成分を配合しています。
シルキースワンの成分は主にハトムギ種子エキス、ヨクイニンエキス、杏仁オイル、キハダ樹皮エキスと、他にも12種類の美容成分で配合されています。ザラつきやポツポツの原因は古い角質が残り、大きくなってしまったことが原因です。ハトムギ種子エキスとヨクイニンエキスは、不要な角質や年齢肌に嬉しいアミノ酸やコイクセラノイドを含んでいます。杏仁オイルにはお肌をしっとりふっくらに仕上げるオレイン酸を豊富に含み、キハダ樹皮エキスにはお肌を清潔に保ち、引き締めるベルベリンやフラボノイドが含まれています。

それでも効かない場合は艶つや習慣

効果が実感できないという人は、艶つや習慣も検討してみてください。艶つや習慣は、シルキースワンと同等の効果を期待できる首イボ用のオールインワンジェルとなっています。艶つや習慣については、下記の記事で詳しくまとめているので、気になる人は合わせてチェックしてみてください!

艶つや習慣の効果と成分、特徴、使い方、よくある口コミQ&Aなど詳しく紹介しています。首イボや肌のざらつき、ポツポツが気になる方は今すぐチェック!

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はシルキースワンの効果的な正しい使い方について紹介しました。気になる首イボは治したいけれど効果があるのか不安を抱く人は多いです。しかし、肝心なのは規則正しい生活を心がけた上で毎日使い続けることです。首イボのポツポツぶつぶつや首のざらつきを本気で治したい人は、まずはシルキースワンのお得な定期購入でぽろぽろクリアジェルとのW使いをおすすめします。

公式サイトで購入する